テーマ:自然

今年もやってくるでしょうか・・庭木の鳥の巣

庵の庭は冬景色、落葉樹の葉っぱは落ちてしまいました。 昨年シャラの木に鳥の巣があるのを見つけました。 緑の葉っぱが生い茂っている頃はこの鳥の巣は目立たなくて 眺める角度によって、やっと見つけられるほどでした。 今は、すっかり落ちてしまったシャラの木の葉。 この巣の主(野鳥)はだれでしょう? 今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

墓終いをすすめています

京都は、今月初めの猛烈な台風に続いて昨夜はまた暴風が吹き荒れました。 建物を揺するような風で物干し屋根を吹き飛ばしてしまった前回の台風です。 今度は被害がないようにと様々な対策をほどこしました。 台風がやってきたころには疲れて横になったままTVの画面を眺めていました。 台風去って、やれやれ!青空が広がっていました。 特に被…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風去って

前回の書き込みから、もう、こんなに経ってしまったのですね。 大学のサークルOB旅行会の帰途立ち寄った諏訪湖。皆様とのお出会い。 そこでのサプライズに感動、その音色に酔いしれ、その場にいられる倖せを思いました。 吉江さんのバリトンの歌声と渡邊康雄さんのピアノ。 さて、その後ですが、私は、庵で庭仕事中、蜂に刺されること2回。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長野旅行~その1 旅行会~

先日の大阪北部地震。 高槻市と茨木市はわが町・長岡京市とは隣合わせです。 長岡京市も、かなりの揺れでした。 食器棚の扉が一枚だけ半開きになり、ガラスのコップなどが飛び出し壊れました。 他の被害は、棚の物が倒れたり飛び出したくらいで済みました。 山の家・ふくろう庵は、どうなったろう?と心配しましたが、フクロウたちが棚の上で転がっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨空にひっそりと咲く沙羅の花

梅雨入りのこの季節に花を開き始める。 沙羅の花が咲いています。 梅雨空の下で、ひっそりと静かに咲くシャラの木が大好きです。 梅雨空に似合うアジサイはよく知られています。 庵の庭ではヤマアジサイの類のなかで一番早くに花の時期を迎えるのがコアジサイです。 その後、七段花、甘茶、富士の滝など、そそとし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バラの季節~ナニワイバラ~

玄関先のツルバラ、ナニワイバラが満開です。 昨年より10日から2週間は早いでしょうか。 ツルバラの中ではモッコウバラとともに花の時期が早いバラです。 バラの季節到来。これから次々と様々なバラが咲きだします。 次の出番は、夢乙女、アンジェラ、安曇野、ピエールド ロンサール、アルベリックバルビエ、バレリーナ、ツルスマイル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンシュウの黄色、桜のピンク、椿の赤、それに紅梅も残って

庵の庭が彩を増しました。 サクランボの花が満開になりました。 黄色いサンシュウも木が黄色い花で覆われています。 紅い椿は、とくに今年は花つきがいいのです。 足元の小さな花たちも「待ってました!」とばかりに芽を出し花をつけ始めました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朗読の発表会~遊~

一足飛びに桜の季節になりました。 サクラ咲く 孫ちゃんたちの卒業や入試合格発表の朗報に、喜び安堵している毎日です。 人生の門出に立つ若い彼・彼女たちのガンバリに応援の拍手をおくっています。 月に一度の活動日・勉強会の朗読の会「遊」の発表会が近づきました。 夏目漱石の短編集から一編を私は読むことになっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一気に春に~、庭の花たちは大忙し

誰かが命令したのでしょうか? それっ~!急げ~! 暖かな春の日差しに、庭は一気に動き始めました。 今日は、昨日の晴天が一変、雨と春の嵐が吹き荒れています。 春風・とぷうはもうやってきたのでしょうか。 地中の虫達も、もぞもぞ動き始めているのでしょうか。 こうして、不安定な天候が続いた後は、すぐそこに穏やかな桜の季節が待って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋はコンサートが続きます

彼岸花が野山を彩っていました。 次は、・・・萩の花、秋明菊、シュウカイドウ、ホトトギス、・・・・。 そして、今、庵の庭では、紫苑が咲き始めました。 野紺菊などの野菊が咲きだします。 秋明菊も種類が4,5種あります。少しずつ咲く時期がずれています。 手入れが必要な季節。時間をみつけては庭仕事に精を出しています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里山の鹿・イノシシ・サル

あれえ~(@_@) 庵の庭の枝垂桜。 鹿がやってきたようです。 幹の皮がはがれ・・・。ひどいよ~! う~ん((+_+))困ったな・・・。 枝垂桜は車置き場に植わっています。 2年前からやっと花をつけるようになった桜です。 枯れてしまうかもしれませんね。 他の庭木もかじられるかも・・・・。 ホームセンターに車を走…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百合の花の季節

毎日暑い日が続いています。 ベランダや庭先、そして、ふくろう庵の庭では夏の花、オニユリがそのオレンジ色で夏の到来を教えてくれました。 真夏の花はオレンジ色が似合います。 庭のあちこちに広がりましたが、このオニユリ、元々は庵の庭に植えた一個の球根から増えました。 その球根は、冷蔵庫に残っていたお正月用のお料理の材料。茶碗蒸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜咲くこの時期・4月は

長岡天満宮の桜が咲き始めました。 庵の庭も花盛りです。 庵の隣の東海自然歩道を歩くハイキングの人たちも増えてきました。 春の日差しが降り注ぐ月曜日、庵にお客さまを迎えました。 乞われて、お箏も演奏しました。 桜咲くこの時期・4月は、もの思う時期、きしかた、そして、これからを思う時です。 サクランボの花、サンシュ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

透かし剪定~京都の街路樹~

京都の秋は、紅葉が進み、次々と色を変えていきます。 寺院仏閣の庭だけでなく、街並みや京都盆地を取り囲む山肌が一体になって魅力を深めています。 あっちを観ても、こっちを向いても、ほんとうにキレイです。 街路樹もそのおおきな役目をしているのですね。 先日、TVで、京都の街路樹は、庭師さんの手によって、手入れされていることを知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若冲展と京都の紅葉

日本列島に寒冷前線が南下。東京都内では雪が降ったという。 京都も風は冷たく、まだ残っていた紅葉した木々の葉が次々と落ちてゆきました。 ただ、雨になるという予報に違って、朝から明るい日差しがありました。 そんな日に、平安神宮の京都市美術館の若冲展に出かけました。 (@_@)!美術館の入り口には長蛇の列が。 どうも、今週初めか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 1週間早い紅葉~京都~

庵に向かう道の途中にある長岡天満宮の池端、光明寺。 赤く染まった桜と他の落葉樹、目の覚めるような黄色になって輝くイチョウ。 ほとんど同じ時に色づいて見事な風景を創り出しています。 そして、庵のある西山の山肌も彩を増していました。 強い風が吹いていないので、紅葉した木の葉は、はらりはらり、自然な速度で落ちているようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の日の夜に~

久しぶりの書き込みになりました。 あまりに日にちが過ぎると、その間の出来事が多くて、さて、何を!?・・・。 玄関先で次々と花をつけている十月桜です。 庵の庭も。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風去って~秋めく庵~

早朝、庵へ。 台風に備え、雨戸を閉め、強風に飛んでいきそうなものは念のため家の中に運び込みました。 雨の中で咲く彼岸花を眺めながら車を走らせると、野山には秋が確実にやってきたことがわかります。 彼岸花は、ほんとうに不思議な花です。 稲田のあぜ道の草が刈り取られるときには、姿かたちが見られないのに・・・ ほんとうに、ちょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅から帰ると~シャラの花~

旅から帰りました。 昨日は、母が入所している施設へ。 塗り絵に夢中になっている母と1時間余り過ごした後、庵へ車を走らせました。 どの草木も伸び盛り。庭仕事はいっぱいあります。 アジサイ、アナベル、キキョウ、ナデシコ。ホタルブクロはまだ花をつけていました。 大きくなったシャラの木。 もともと、ここにはイトヒバという大き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

流響院の庭

コンサートでの落ち込みを引きずったままの月曜日。 2月末に申し込みをすませていた講座に参加してきました。 京都岡崎の別荘群のひとつ、「流響院」。 普段は一般公開されていないところです。 春と秋の僅かな公開日は抽選で、申し込んだことがありますが、当選しませんでした。 今回、こんなカルチュアーの講座があることを知っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バラの季節到来~ナニワイバラ

バラの季節がやってきました。 トゲがなくて可愛らしい黄色いバラ、モッコウバラも咲きだしています。 前々からその清楚な美しさに惹かれていたバラが白い一重のナニワイバラです。 和の庭にも似合うので、まず、庵の庭に植えました。 そして、 レッスン場のある自宅前花壇にもこのバラを選びました。 このバラのトゲは数あるバラの種類の中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さくら、サクラ、桜

庵への道中、あっちにこっちに桜が咲いています。 午前中、庵へ車を走らせました。 このところ姿を見かけることがなく、ちょっと心配していたネコちゃん、今日はいつものところに寝そべっているのをみとめ、・・ほっと安心(*^-^*)! シデコブシが満開! 「これはなんていうのですか?よく写真を撮ってはります」 ご近所さんです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シデコブシ・白モクレン、そしてサクラ

長岡天満宮の堤の桜が花を開き始めています。 近くの団地・天神ハイツの桜は個体によってはずいぶん花を開いているのもありました。 庵の庭でも、庭仕事中に二輪の桜の花を見つけました。 三波川冬桜という種類です。初めて花をつけました。 よれよれした花弁が魅力的なシデコブシ。通りかかるハイキングの女性がカメラを向けていまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月初旬の暖かな日に~梅と椿~

梅が満開になっています。 京都名神インターのすぐそばにある城南宮。 城南宮さん!と親しみを込めて呼んでいるのに、訪れたのは・・・。 初めてのことでした。 先日、夕方TV、NHKニュースに紹介されていました。 それにしても、驚きました。 しだれ梅が林立するように植えられていて、花を一斉につけ咲き誇るその姿には圧倒されました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

光の春~2月~

梅二月ひかりは風とともにあり 朝日新聞天声人語では、こんな句とともに、今の季節、寒さの中に淡い淡い春を すぐそこにやってきている暖かな春を感じることのできる2月のこのときを  「光の春」と表現していました。 こんな季節に私は生まれました。 雪の多い年などは、「こんなに寒い時に私は生まれたんだなあ~」と昔はもっと寒い日だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉のふくろう庵へ~久しぶりの庭仕事

午前中、フィットネスでIn Body検査を受け、少しだけマシンで筋トレ。 午後は、庵へ車を走らせました。久しぶりの庵です。 道中にある光明寺には観光バスが、・・・でも、数年前のひと頃に比べれば、ずいぶん訪ねる人も少なくなっています。 数年前、JRが「さあ!京都へ行こう!」と関東方面では盛んに宣伝されていました。 以来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美しい紅葉と花をつけた十月桜

ほんとうに美しい季節です。 照葉・・・という言葉を思い出します。 ケヤキ、モミジ、コブシ、サクラ、灌木の類、・・・赤や黄色に。 木々はそれぞれに微妙な色合いで庭や野山を彩ります。 紅葉したシャラの木です。 入院中に枯れかかったジュウガツサクラ。一部、枝が枯れましたが、花をつけてくれました。 庵の庭の地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダンス教師資格捺印講習会へ、そして、「ふくろう庵」へ

ダンスの講習会に参加してきました。 9月も、そろそろお終いです。 玄関先の萩の花が満開になりました。 術後、リハビリ、筋トレを根気よく続けてきたからでしょうか・・・、ずいぶん筋力もつきました。 予想通りに回復していると思います。 フィットネスでは、これまで、ずっと、ストレッチで歪みの矯正を。 弱いところの筋力をつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふくろう庵の秋の花

萩の花が咲きだしました。 秋の風に揺れる萩のこずえは、さわやかです。 シュウメイギク、シュウカイドウ、ホトトギス、コバノギボウシ、カワラナデシコ、・・・。 黄色いオミナエシ。 ムラサキシキブ、シロシキブの実。 ヤマボウシの実が赤くなりました。 彼岸花は、花穂を伸ばしています。まだ、蕾。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お盆あけは雨~涼しくなりました~

カミナリと雨の日が多くなりました。 昨日も庵に車を走らせました。 庭仕事、開始。 庵で寝泊まりしていた頃は、毎日のように庭に出ては、手入れをしていました。 今は、週に1、2度。 おまけに6月の入院、退院後車の運転ができるまで、庭の花木は伸びほうだい。 もし、1年間、いいえ、2年、3年と手入れすることができ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more