母の介護~次の施設~

どうだろうか?
入所できる時期の見通しは・・・?
母の退所予定日が迫らないうちにと、入所申し込みをしている施設に問い合わせをしてみました。
6月の半ばのことです。
特養の施設の方は、よほどの事情、たとえば、本人の介護度が大幅に増すとか、私が倒れてしまうとか入院するとか・・そういうことが生じない限り、入所の望みは薄いようでした。
グループホームの方は、空きができたところだけれど、母の前に申し込んでいる人がいて、順番待ち状態ということがわかりました。

そのグループホームから、先週末、連絡が入りました。
焦らずに待ってみたのがよかったのですね。希望していた施設です。
それで、早速、月曜日に面談になりました。現在の老健のケアマネさん、グループホームの相談員さん、そして、私との3者での面談の後、グループホームの相談員さんと母の部屋へ。
母の話はいつものようにとんちんかん(*^_^*)。いきなり仕事をしていた若い時の話を始めて・・。母はお喋り好きなのでご機嫌でしたが・・。

現在の健康診断書が必要ということで、今日は、母を健康診断に病院へ連れて行ってきました。レントゲン、血液検査。その他は施設の担当医さんが作成してくださいます。
検査結果が出て、診断書が出来上がると連絡がきて、私がグループホームに届けることになっています。

その後、判定会議。
入所が決まれば、手続き・・へという流れになります。

昨日、今日と、母の件で走り回っていました。銀行、携帯電話の解約手続きにも。
携帯電話は、4月にも行ってみたのですが、違約金がかかるのでしばらくは基本料だけの契約継続にして帰ってきました。そしてやっと7月に入ったので・・。
一つ片づけて、一つ片づけて、・・そんな感じです。
老健施設で、機嫌良く暮らしている母ですが、最近は、私が行くと自分の部屋に居ることの方が多くなりました。
それまでは、必ず、リビングテーブルの周りに集まる人たちの中にいました。

検診にいった病院の待ちあいで、不安そうに私に訊ねます。
待っているときも、次々と不安になるのでしょう・・ここで待ってればいいの?とか何度も聞いてきます・・・。
そして、
「今日は何曜日か?何日か?と聞かれるの・・・」と不安そうに、・・認知度の検査を思い出しているのでしょう。
「ううん、今日はね、そんなのじゃないからね。
身体の方の検査だから、血液検査とかレントゲンとか・・ね。」
病院から施設に送り届けたとき、・・・認知症の人にみられる幻覚なのでしょう・・??
??トンチンカンな話を始め、そのことから、家にいたときのようにイライラ怒りっぽくなって・・。あらまあ困った・・。施設の人を呼ぶと、その場はおさまりました・・。

認知症の人ばかりのグループホームが母には気分が落ちつけて、・・やはり合っていると、あらためて思いました。
どうぞ、入所できますように!よい判定がでることを願って・・。
ああ、つかれました。でも、あとひとふんばりです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック