老健施設入所から1ヵ月経ちました

老健施設に母が入所してから、1ヵ月が経ちました。
母はすこぶる元気で機嫌よく、楽しそうに、施設での生活を送っています。
骨折した足首の骨もくっついてきているらしく、先日の5回目の検診には、ゆっくりですが歩けるようになっている母を整形外科医院に連れていくのも楽になりました。
前回の受診では長い時間待たされましたから、この日は、午後の診察時間を選んで行きました。
予想通り、それほど、待たされることなく診察を終えることができました。
レントゲン結果は、骨の具合はだいぶんくっついてきているということでした。
足首の腫れは今も続いています。本人は、それほど痛がることもなく、経過良好ということのようです。

認知症の症状は相変わらずで、何回も受けている診察ですが、レントゲン室へ・・といわれても、どこだったかな?という感じです。ついさっきのことは忘れてしまう・・ことのようです。

この何日か、6月末の退所後の母の生活を考え、あっちにこっちに施設を訪ねてみて、いろいろ感じること、知ったことがありました。
一昨日訪ねたのは介護付き有料老人ホームです。パンフレットで想像したときは、ここが母には合っているかもしれない・・と思ったのですが・・・。
施設の相談員の方も私も、・・ちょっと違うかな・・母にはさびしすぎて・・。
個室が完備されていて、お食事のときには食堂に入所者は集うことになります。
ただ、その後は、みなさん、個室に帰られるので、食堂には誰もいません。
部屋には、自分の好きな家具調度品を置けます。
私なら、プライバシーも考慮されていて、気に入りましたが・・。
施設のイベントは月に何回かありますが・・。
人に会いたくて仕方のない母で、一人ではいられない人です。介護サービスの他、デイサービスをさらに利用して出かけたたとしても・・(これは実費)・・、入所してからの母の生活を想像して・・無理だろうな・・(;一_一)。
やはり、認知症で、身体は元気、社交的なことの好きな母には、いつも誰かがいるようなそんな環境の施設が合いそうです。

そして、その後、仕事が終わった後訪ねたのが認知症対応型のグループホーム。
以前にも1ヶ所、そしてこの日行ったのは先日パンフレットだけもらってきた施設です。
相談員の方と長くお喋りしました。
入所者がどんな様子で過ごしているかも観られました。
その帰り路、母にはこういうところが合ってるかな・・・と。
そして、昨日は、もう一か所、別のグループホームも訪ねてきました。
どこも、詰まっていて、空きがあるかどうか・・・、早めに入所希望手続きをしておこうと思います。
タイミングよく空きができて、入所できると良いのですが・・。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック