テーマ:花を愛でる

薔薇の季節~たくさん咲きました~

キレイですね~!道行くご近所さんが声をかけてくださいます。 今年は、剪定の時期、1月初め、がんばって作業をしました。 その努力に応えてくれるかのように、華やかなバラの玄関先になりました。 4月下旬からは、まず、白い一重のナニワイバラが清楚な姿で咲き誇っていました。 ナニワイバラが終わりに近づくと、マチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

墓終い完了ほっとしています

10月末の父の命日をメドに取り組みだした墓じまいです。 途中、役所に届ける書類の不備があり、再度、お墓のあった大阪まで出かけなければいけなくなりましたが・・・。 改葬申請書の提出ができ、許可書を受け取り・・・。 10月末には納骨、改葬許可書の提出を終えることができました。 自分が動ける今のうちに取り組もうと考えたのがスタート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風去って

前回の書き込みから、もう、こんなに経ってしまったのですね。 大学のサークルOB旅行会の帰途立ち寄った諏訪湖。皆様とのお出会い。 そこでのサプライズに感動、その音色に酔いしれ、その場にいられる倖せを思いました。 吉江さんのバリトンの歌声と渡邊康雄さんのピアノ。 さて、その後ですが、私は、庵で庭仕事中、蜂に刺されること2回。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨空にひっそりと咲く沙羅の花

梅雨入りのこの季節に花を開き始める。 沙羅の花が咲いています。 梅雨空の下で、ひっそりと静かに咲くシャラの木が大好きです。 梅雨空に似合うアジサイはよく知られています。 庵の庭ではヤマアジサイの類のなかで一番早くに花の時期を迎えるのがコアジサイです。 その後、七段花、甘茶、富士の滝など、そそとし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バラの季節~次の出番は~

ナニワイバラの花は、ほぼ終わりました。 次の出番は 小さなピンク色の修景バラ・・夢乙女 濃いピンク色のカップ咲き・・アンジェラ 蕾の時はクリーム色、花を開くと白、やがてほんのり紅が入る・・・アルベリック・バルビエ 木立性の中輪ピンク色・・・ピンクグリス・アンアーヘン マチルダは、下方で早めに咲き出しています。ピンクストリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バラの季節~ナニワイバラ~

玄関先のツルバラ、ナニワイバラが満開です。 昨年より10日から2週間は早いでしょうか。 ツルバラの中ではモッコウバラとともに花の時期が早いバラです。 バラの季節到来。これから次々と様々なバラが咲きだします。 次の出番は、夢乙女、アンジェラ、安曇野、ピエールド ロンサール、アルベリックバルビエ、バレリーナ、ツルスマイル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンシュウの黄色、桜のピンク、椿の赤、それに紅梅も残って

庵の庭が彩を増しました。 サクランボの花が満開になりました。 黄色いサンシュウも木が黄色い花で覆われています。 紅い椿は、とくに今年は花つきがいいのです。 足元の小さな花たちも「待ってました!」とばかりに芽を出し花をつけ始めました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朗読の発表会~遊~

一足飛びに桜の季節になりました。 サクラ咲く 孫ちゃんたちの卒業や入試合格発表の朗報に、喜び安堵している毎日です。 人生の門出に立つ若い彼・彼女たちのガンバリに応援の拍手をおくっています。 月に一度の活動日・勉強会の朗読の会「遊」の発表会が近づきました。 夏目漱石の短編集から一編を私は読むことになっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一気に春に~、庭の花たちは大忙し

誰かが命令したのでしょうか? それっ~!急げ~! 暖かな春の日差しに、庭は一気に動き始めました。 今日は、昨日の晴天が一変、雨と春の嵐が吹き荒れています。 春風・とぷうはもうやってきたのでしょうか。 地中の虫達も、もぞもぞ動き始めているのでしょうか。 こうして、不安定な天候が続いた後は、すぐそこに穏やかな桜の季節が待って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋はコンサートが続きます

彼岸花が野山を彩っていました。 次は、・・・萩の花、秋明菊、シュウカイドウ、ホトトギス、・・・・。 そして、今、庵の庭では、紫苑が咲き始めました。 野紺菊などの野菊が咲きだします。 秋明菊も種類が4,5種あります。少しずつ咲く時期がずれています。 手入れが必要な季節。時間をみつけては庭仕事に精を出しています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百合の花の季節

毎日暑い日が続いています。 ベランダや庭先、そして、ふくろう庵の庭では夏の花、オニユリがそのオレンジ色で夏の到来を教えてくれました。 真夏の花はオレンジ色が似合います。 庭のあちこちに広がりましたが、このオニユリ、元々は庵の庭に植えた一個の球根から増えました。 その球根は、冷蔵庫に残っていたお正月用のお料理の材料。茶碗蒸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツルバラに魅せられて~5月の窓辺~

一昨日よりも昨日よりも、いっそう華やかになりました。 一月の半ば、剪定をがんばろう!と意気込んでいたところに体調を崩し、入院になってしまいました。 せめて、できることだけでもと、葉っぱをおとしたりの作業をしましたが、・・・今年の花は諦めましょう! そう思っていました。 花をつけてくれて嬉しいです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バラの季節~次の出番は~

早咲きのバラ、ナニワイバラが終わると次はいよいよ本格的なバラの出番です。 アルベリック・バルビエやアンジェラ、小輪の修景バラのバレリーナ、安曇野、夢乙女といった可愛いバラも咲きだしました。 マチルダ、ピエールドロンサール、黄色いスマイリーフェイス、ピンクストリームなどがツルバラの下方で存在感を増しています。 この何年間に小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バラの季節がやってきました

玄関先のナニワイバラが咲きだしました。 真っ白な花は、シャラの花にそっくりです。 他のバラ苗もつぼみをいっぱいつけています。 逗子のバラのお宅、Nさんのお庭も、きっと(*^-^*). 主婦の友社「Garden Diaryガーデン ダイアリー」に紹介されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネコにラブコール(*^-^*)!

ネコ好きの舞萩サン、今日も思わず笑みを浮かべたネコちゃんです。 BIMEさま、画像、ありがとうございます。 JAFの最新号表紙の画像は動物写真家の岩合さんの作品です。 波打ち際の堤防を闊歩する”わが道をゆく!”の猫ちゃんが可愛い! 梅田の阪急で岩合さんの写真展を開催の報。 猫たちに会いに行ってこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜咲くこの時期・4月は

長岡天満宮の桜が咲き始めました。 庵の庭も花盛りです。 庵の隣の東海自然歩道を歩くハイキングの人たちも増えてきました。 春の日差しが降り注ぐ月曜日、庵にお客さまを迎えました。 乞われて、お箏も演奏しました。 桜咲くこの時期・4月は、もの思う時期、きしかた、そして、これからを思う時です。 サクランボの花、サンシュ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

透かし剪定~京都の街路樹~

京都の秋は、紅葉が進み、次々と色を変えていきます。 寺院仏閣の庭だけでなく、街並みや京都盆地を取り囲む山肌が一体になって魅力を深めています。 あっちを観ても、こっちを向いても、ほんとうにキレイです。 街路樹もそのおおきな役目をしているのですね。 先日、TVで、京都の街路樹は、庭師さんの手によって、手入れされていることを知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 1週間早い紅葉~京都~

庵に向かう道の途中にある長岡天満宮の池端、光明寺。 赤く染まった桜と他の落葉樹、目の覚めるような黄色になって輝くイチョウ。 ほとんど同じ時に色づいて見事な風景を創り出しています。 そして、庵のある西山の山肌も彩を増していました。 強い風が吹いていないので、紅葉した木の葉は、はらりはらり、自然な速度で落ちているようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋が深まる夜に~あなたは何を?~

秋は、コンサートが続きます。 朝刊に国際芸術文化アカデミー(イイ文化サロン改め)のスクールコンサートの模様が掲載されていました。 大西淑子先生もご出演なさったのですね(*^-^*)。 今の子供たちは幸せです。良い文化に触れる機会がいっぱいあって。 3日は、京都コンサートホールへ。次の日曜日は、北山通りでのライブに。そして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の日の夜に~

久しぶりの書き込みになりました。 あまりに日にちが過ぎると、その間の出来事が多くて、さて、何を!?・・・。 玄関先で次々と花をつけている十月桜です。 庵の庭も。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風去って~秋めく庵~

早朝、庵へ。 台風に備え、雨戸を閉め、強風に飛んでいきそうなものは念のため家の中に運び込みました。 雨の中で咲く彼岸花を眺めながら車を走らせると、野山には秋が確実にやってきたことがわかります。 彼岸花は、ほんとうに不思議な花です。 稲田のあぜ道の草が刈り取られるときには、姿かたちが見られないのに・・・ ほんとうに、ちょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白カノコユリ

庵の庭の白いカノコユリが咲きました。 野サルの被害にあって、そのとき難を逃れられた球根は僅かになりました。 それでも、今年も、こんな風に花をつけてくれました。 よい香りがただよっています。 どうぞ、サルたちに見つかりませんように。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅から帰ると~シャラの花~

旅から帰りました。 昨日は、母が入所している施設へ。 塗り絵に夢中になっている母と1時間余り過ごした後、庵へ車を走らせました。 どの草木も伸び盛り。庭仕事はいっぱいあります。 アジサイ、アナベル、キキョウ、ナデシコ。ホタルブクロはまだ花をつけていました。 大きくなったシャラの木。 もともと、ここにはイトヒバという大き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バラがとりもつ交流

泥棒よけに植えてみたナニワイバラ。 鉢植えで楽しんだ後、植えこんだミニバラの類。 友人からもらった挿し木した苗。 特別、花壇のバラをコーディネートし計画的に植えこんだわけではないのですが・・・。 開花の時期がずれて、ナニワイバラの後、次々と、別の種のバラが花を開いています。 花が終わった後、鉢に移したい苗もあります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

優しいバラ~アルベリック・バルビエ

連休は、庭仕事に没頭の日々!? 庵の庭では黄色いモッコウバラに続いてナニワイバラの花が咲いていました。 モウッコウバラの白も今年初めてほんの少しですが花をつけました。 庵のバラはこの2種のほか一重のコクテールのみ。 自宅ではアルベリック・バルビエというツルバラが花を開き始めました。 丈夫なバラで、つるをどんどん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名曲をうたう会コンサート

ゴールデンウィークの中盤、・・今年も歌の発表会がせまってきました。 他のことで何かと忙しい毎日を送っていて、のんびり構えていましたが・・・。 これは、大変だぞ!と自分にいいきかせています。 といっても、こういうふうに、ぎりぎりまで放っておいて、焦ることになるのは舞萩サンの困ったところです 。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バラの季節到来~ナニワイバラ

バラの季節がやってきました。 トゲがなくて可愛らしい黄色いバラ、モッコウバラも咲きだしています。 前々からその清楚な美しさに惹かれていたバラが白い一重のナニワイバラです。 和の庭にも似合うので、まず、庵の庭に植えました。 そして、 レッスン場のある自宅前花壇にもこのバラを選びました。 このバラのトゲは数あるバラの種類の中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さくら、サクラ、桜

庵への道中、あっちにこっちに桜が咲いています。 午前中、庵へ車を走らせました。 このところ姿を見かけることがなく、ちょっと心配していたネコちゃん、今日はいつものところに寝そべっているのをみとめ、・・ほっと安心(*^-^*)! シデコブシが満開! 「これはなんていうのですか?よく写真を撮ってはります」 ご近所さんです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シデコブシ・白モクレン、そしてサクラ

長岡天満宮の堤の桜が花を開き始めています。 近くの団地・天神ハイツの桜は個体によってはずいぶん花を開いているのもありました。 庵の庭でも、庭仕事中に二輪の桜の花を見つけました。 三波川冬桜という種類です。初めて花をつけました。 よれよれした花弁が魅力的なシデコブシ。通りかかるハイキングの女性がカメラを向けていまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more