介護施設・グループホームの夏祭りへ

母がグループホームでお世話になって2年あまり。
昨日は、そのグループホームで夏祭りがありました。
会場は、同じ敷地、隣に建つ普段デイサービスに利用されている建物です。

この日ボランティアで見えていたのは、佛教大の学生さんたち。
「紫踊屋」というよさこい踊りのサークル
若者たちの元気いっぱいの掛け声に入所者も家族も手拍子打ち鳴らし笑顔がいっぱいになっていました。

職員さんたちが準備してくださったイベントは、
スイカ割り、お菓子のつかみ取り、ヨーヨーつり。盆踊り♪炭坑節♪・・・車いすの方も何人かいて、ほとんどの入所者は椅子に座ったままでの動きですが・・・。
最後は、歌を2曲。
お向かいに座る方は、歌も踊りもお好きなのでしょう。カラダを揺すりながら手拍子うって口を動かしています・・。
とても可愛らしい女性なのですが、この日もまた、ほんとうに少女のようでした。

母と同じ入所者の前々からお顔を知った方々の明るい表情を観ながら、・・・・・。
(よかったね~)と隣の母の顔を見ながら、心のなかで・・(*^_^*)。

夏祭りは2時間。入所者がホームに戻った後は、施設から家族への報告会です。
入所者・職員さんたちの移動報告。施設長さんのKさんが移動なさるという。
ありがとうございました。ほんとうにお世話になりました。数々のお心配りに感謝いたします。

母のグループホーム入所が決まるまでの数カ月のことを思い出していました。

"介護施設・グループホームの夏祭りへ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント