施設の母からの電話

昨日お昼過ぎ、母が入所中の施設から電話がはいりました。

「お母さんが、家に帰りたいから・・・家に電話したいと・・・・」職員さんです。
・・・・何かイヤなことでもあったかな・・・・と心配した私は・・・。
母に電話を代わってもらい話を聞いてみました。
どうも、心配したことは無さそうで、ほっと一息。ちょっと帰ってみようかなと思ったようです。
「外は寒いのよ~、・・・今は(一年のうちで)一番寒い時だからね、家に帰ってもベッドもないし・・・、そうね、どうかしら?春になってもっと暖かくなってからにしたら・・・」
「そうするわ・・」と母は納得してくれました。

ということで、今日は、お昼前、施設に母を訪ねました。
穏やかで機嫌良く過ごしているのが表情からわかりました。
母の部屋でしばらくおしゃべりタイム。よくおしゃべりします。同じことを何度も、今日は5回聞きました。
でもいつも以上に、楽しそうです。
同じお仲間のことが話題です。
自分がいかに恵まれているか・・そんなことを感じることがあったのでしょうか・・・。
きつい言葉ですぐ怒る人がいることや、きついことを云われたというようなことがほとんどです。
ただ、今日の母は違いました。
涙を流しながら話します。自分が幸せ者であるということに感謝しているようです。
「何が辛いって、目が見えないほど辛いことはないよ~}
きつい言葉ですぐ怒る人が目が見えない人だということを最近知ったのでしょう。
恵まれた環境に育った奥様であるらしい女性がやはり怒りっぽくていろいろな事が出来なくなっていること・・・。
施設で出会ういろいろな困難な状況に置かれている人を観、知ることで、自分を客観的にみられるようになったのでしょうか。
あんたがいてくれるおかげで・・・自分は幸せやな~と思う・・涙を流しながら話す母。

いつも背伸びして、不平不満ばかり口にしていた母です。
今、ほんとうに自分の運勢に感謝しているのです。
穏やかな表情の母。
認知症・・ってこういうことだったのでしょうか。不思議な気がします。
人間は童女に帰って最期を迎える・・・、母も残された日々を穏やかに過ごしてくれるかもしれない。
帰宅すると、淡路島に住む姉に今日の母の件を報告しました。
「よかったね~」姉の声が電話の向こうで嬉しそうでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック