ふくろう庵☆舞萩日記その1☆

アクセスカウンタ

zoom RSS あめゆじゆとてちてけんじゃ

<<   作成日時 : 2006/12/10 23:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

宮沢賢治の「永訣の朝」に出てくる言葉、あめゆじゆとてちけんじゃ。
朗読の会で取り上げた教材「教科書でおぼえた名詩」の中にあったこの宮沢賢治の詩を声にして読んでみたいと思いました。
あめゆじゆとてちけんじゃ・・・・何度か繰り返される、この言葉の意味を。その背景にあるものを。
雨雪=みぞれ=をとってきてください、賢治兄さん

先日、朝日新聞土曜版 愛の旅人 に、宮沢賢治と若くして亡くなった妹・トシの生涯を解説する記事が目にとまりました。
「詩人の妹の恋と修羅」・・トシの恋、苦悩と挫折、後に信仰を求めていった胸中・・。
けなげな妹・トシへの賢治の思い。ひとりの詩人の言葉の奥にあるものを少しでも知りたいと・・わたしは、新聞を広げ、紙面の記事をむさぼるように読んでいました。

宮沢賢治 妹トシの拓いた道―「銀河鉄道の夜」へむかって

今日は、庵で一日過ごしました。西の山に日が落ちかかり、晩秋から冬に、・・・今年も、もうすぐ、終わろうとしています。
宮沢賢治 妹トシの拓いた道―「銀河鉄道の夜」へむかって

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あめゆじゆとてちてけんじゃ ふくろう庵☆舞萩日記その1☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる